世界標準アスラッシュ

商品概要

使用例写真

お客様の声

予備

お問合わせ

理論編

自由自在なラッシング手法図

ドライコンテナラッシングポイント

フラットラック船内ラッシングポイント

ハーネス締めクロス締めベルト通し

ポイント数計算

戸口から見た図
横から見た図
上から見た図
(床材:特に記載のない場合は木)

1)ループ締め / コイル6トン:(6t−6t x 摩擦係数0.3)÷2.6t (AC105の使用規定強度ダブル)=1.62ヶ所
  提案→AC105 片側2ヶ所,最大固縛強度を使用規定強度ダブルの70%と見るなら、片側3ヶ所

2)対角線締め / ゴムタイヤ作業車6トン:(6t−6t x 摩擦係数0.5)÷1.5t(AC86 の使用規定強度ダブル)=2ヶ所
  提案→AC86 片側2ヶ所,最大固縛強度を使用規定強度ダブルの70%と見るなら、AC105片側2ヶ所

3)対角線締め / 床材:鉄、ゴムタイヤ自動車2.5トン:(2.5t-2.5t x 摩擦係数0.3)÷0.9t(AC65の使用規定強度ダブル)=1.95ヶ所
  提案→AC65 片側2ヶ所、最大固縛強度を使用規定強度ダブルの70%と見るなら、AC86片側2ヶ所

4)対角線締め / 床材:木、 ゴムタイヤ自動車2トン:(2t−2t x 摩擦係数0.5)÷0.9t(AC65の使用規定強度ダブル)=1.11ヶ所  提案→AC65 片側2ヶ所

5)対角線締め / ゴムキャタピラ建設機械10トン:(10t−10t x 摩擦係数0.5)÷2.6t(AC105の使用規定強度ダブル)=1.92ヶ所
  提案→AC105 片側2ヶ所,最大固縛強度を使用規定強度ダブルの70%と見るなら、AC105 片側3ヶ所

6)押さえ締め / ワイヤー・帯鉄の場合と同様に、固縛数が多く要る。
  提案→AC105 合計4ヶ所、これを減らすには滑り止め用ゴムマットか、木材等で補強する。

7)ハーネス締め / フレコン袋合計10トン:(中間の荷は移動するが、コンテナ開封時、戸口の飛び出し防止)
  提案→AC105 上下2ヶ所 (合計2ヶ所)

8)ハーネス締め / フレコン袋合計10トン:(中間位置の荷も固縛)
  提案→AC105 上下2ヶ所 x 前後2ヶ所(合計4ヶ所)

9)クロス(たすき)締め / フレコン袋合計10トン: (中間位置の荷は移動するが、コンテナ開封時、戸口際の飛び出し防止、但し、輸送中にたすきの間から上段の荷が飛び出さないように注意)
  提案→AC105 上下2ヶ所 (合計2ヶ所)

     
当図面、写真、描画、説明文等は登録商標アスラッシュ所有者が
独自に考案、作成したオリジナルの意匠類であり、
登録商標アスラッシュ所有者に許可なく、無断で複製、 流用することを禁ずる。

Copyright © 2005 Alphasystem Japan., Ltd. All rights reserved. 著作権(株)アルファシステム ジャパン 全権利保有

| HOME | 世界標準アスラッシュ | 商品カタログ | 締め方MOVIE | ラッシング理論 | 使用例写真 | お客様の声 | お問合わせ | 会社概要 | SITE MAP |